「恥をかかないスピーチ力」 斎藤 孝 著

久しぶりにゆっくりする休日でTSUTAYAに行ったら、気になり読んでみた。

この仕事をしてもう33年が経つ。 普通にしていれば仕事において恥をかくことは少なくなった。

しかしながら、スピーチは苦手である。いつもながらスピーチには苦労する。

==========================================

<これだけはマスターしたいスピーチの基本>

1、だらだら話すなー一番大切なのは時間感覚

  スピーチが上手くない人は、たいてい出だしでモタモタします。もじもじして恥ずかしがるのが一番みっともない。

 覚悟を決めてやり切ることの大切さです。

 7、スピーチは前置きを省いていきなりサビから始めるのが、失敗がありませんし、インパクトもあります。

8、相手に向かって開いた体になっているか

 自分のへその下から綱のようなものが出ていて、それがお客さんと一人一人繋がっているイメージをもつ。

11、強調したいことは「ゆっくりと」

84、呼吸法で気を静める

 まず息を軽く鼻から吸って、肺を空気でいっぱいにします。次に、口をすぼめてゆっくり「ふ~っ」と吐きます。ストローで息を吐くようなイメージで10秒~15秒、長くできる人は20秒くらい吐きます。

==========================================

ん~何事も 言うは易く行うは難し(笑)

 

<息を吐く>